パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。パーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

カルシウムがとれる手作り簡単おやつ!

田作りというとお正月?と思う方もいらっしゃると思いますが、

これが、おいしくておやつにもなるんですよ。

しかも、簡単なんです。

我が家では、おやつとして子供がボリボリ食べています。

作りやすい分量で作ってみました。

 

材料

食べるいりこ    70グラム

くるみ      60グラム

砂糖        大さじ2

しょうゆ   大さじ1と1/2

酒        大さじ1/2

いりごま      大さじ2

ハチミツ      大さじ1~2(お好みの甘さで調節してください)

f:id:wakuwakuseikatsu:20170501151657j:plain

1.食べるいりこを弱火で焦がさないように炒めます(油はひきません)

しばらくすると、いりこから、ぷつぷつと音がしてきます。

いりこが、だんだん火がおなかに入ってきているよの合図です(笑)

菜箸でやさしく混ぜていると少し色が変わった?と思う

瞬間があると思います。その時にやけどをしないように、一匹とって手で触り

いりこがポキっと簡単に折れたらOKです。

 

f:id:wakuwakuseikatsu:20170501151831j:plain

お皿に一度取り出します。

 

2.くるみは、私は、袋に入れて自分の体重で押してつぶして細かくしました。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170501152129j:plain

普通、家族以外の方に食べていただく場合は、くるみをちゃんと包丁で2~3つくらいに小さく切って炒ります。

これも一般的には一度取り出すのですが、今回、お皿が見当たらなかったので、

一度取り出した、いりこをフライパンに入れてみました。

3.フライパンにいりことくるみを寄せて入れて弱火にして砂糖大さじ2としょうゆ大さじ1と1/2を入れて煮立ったら、焦がさないように手早く混ぜ合わせます。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170501152401j:plain

4.混ぜ合わせたら、酒を加えて混ぜアルコールを入れて火をとばします。

5.はちみつ大さじ1~2いれます。

好みもあると思うので、味見をしてみてください。

私は、味見をしていたら美味しくて半分近く自分で食べてしまいました(;’∀’)

6.いりごまを加えて混ぜたらできあがりです。

 

いりこ体に、とってもいいんですよ。

ご存知の方も多いと思いますが、生活習慣病を予防するコレステロール中性脂肪を減らしたり、アトピー性皮膚炎や喘息の症状を緩和します。

わが子も以前喘息でした。

娘の場合、気圧がダメらしく台風が多い秋と、これからの梅雨の季節には、いつも

ゴホゴホで夜、寝れない日もありました。

ひどいときは学校をお休みするぐらいでしたが、体が大きくなり強くなったからか、

または、食生活でよくなったのかは、わかりませんが最近はピッタリと咳がでなくなりました。

さらには高血圧、心臓病など多くの生活習慣病に対していいともいわれています。

しかもカルシウムとその吸収を助けるビタミンが豊富なので骨や歯の強化や骨粗しょう症の予防にもなるといわれています。

50代60代は食事に気を遣う傾向があるためなのか比較的カルシウムは取れているといわれています。

給食を食べている小学生、中学生も大丈夫らしいのですが、それから先の特に

20代前後の人たちがカルシウムが不足しているそうです。

たくさん作ってバックに忍ばせておくのもいいかもしれませんね。

 

 

東京大学名誉教授 矢作直樹先生「歴史文化塾」3回目の参加

4月9日日曜日東大教授矢作直樹先生の歴史文化塾講演会私の参加は3回目です。

今回もお料理を出す機会に恵まれました。

残念ながらこれが最後の開催となりました。

    f:id:wakuwakuseikatsu:20170426171927j:plain

 

今回、皆さんの前で話をする機会はなかったのですが、もし私がお話をするなら、

パーソナルシェフになった思いをお話ししたいと思いました。

なぜ、パーソナルシェフになった?

私がパーソナルシェフになったのは、子供たちの今の食事を見て、

日本の伝統食である和食で心と身体の幸せを願っている」ものとして一人でも多くの人に伝え、自分にできることをしたい!思いもありますが義母の死も関係しています。

 

義母の最後の食事、私が見た限りではありますが、ペヤングというカップめんでした。

もう少し私がちゃんとした食事を義母に作ってあげることができたら、もっと長生きできたのかなという悔しい気持ちでいっぱいでした。

 

カップめんが悪いとはわかっていても、「この料理を食べてください」と言うきちんとした知恵もなく、身体に良い料理の技術も知識もないまま、これがいい、あれがいいと実母とは違い、よくわかっていないのに口だけ出すわけにはいかず何もできぬままに義母この世を去っていきました。

    f:id:wakuwakuseikatsu:20170426180306j:plain

 

そんなモヤモヤした心の状態の時にパーソナルシェフの先輩であるマッキーさんの

http://mackeyvegelife.seesaa.net/

講座が開かれることを知りました。

ご自身も癌になった経験があり食で元気を取り戻したと話を聞き、とても興味を持ちました。

その講座に出席し内容を聞いていて、

食は命を作るもの」と言うマッキーさんの言葉がすーっと体に染み渡り、これだ、という思いによりパーソナルシェフになる決意をしました。

私のような家庭を守っている主婦は家族や自分の身の回りの人にご飯を作ることが多いのですが、その時に自分の作った料理を食べる一人ひとりの健康と幸福、心作りをサポートしていきたいと思いました。

その心を自分の家族だけではなく徐々に少しずついろんな人に影響を与えられたらいいなと今は思っています。

 

今回、いつも遠くから見ていた矢作先生とたくさんお話をさせていただく機会に恵まれました。

    f:id:wakuwakuseikatsu:20170426174635j:plain

 

まず、いつものようにお食事を提供させていただき矢作先生のところにお持ちすると何度も「ありがとうござます」と言われ丁寧に頭を下げられました。

東大の名誉教授ですよ、絶対に偉そうにしている!と半分決めつけた目で先生を見ていましたが予想とは全く違い、頭が低く、言葉も優しく丁寧でした。

 

矢作先生から私がいただいた言葉です。

・考えない

・自分に聞く

何かと黙っていてもすぐにあーすればよかった、こうすればよかったと考えてしまいます。時には声に出すこともあります。

でも、考えずに自分に聞くことによって良いほうに進むとおっしゃいました。

たぶん今の私に必要だった言葉だと思います。

これからは考えるのではなく自分にどうしたい?と問いかけながら生きていきたいと思いました。

とても良い言葉をいただきました。

 

その後は、びっくりタイム!

矢作先生がお酒を2つ持ってきてみてくださいと、ニヤニヤと少年のような何か、

企んでる?と思わせるような顔をされていました。

ワインを先生の前に2つお持ちしました。

まずは1番初めの味を覚えておいてくださいと言われました。

そして私が持っている方のワインを先生がじーっと見つめました。

おかえりーそうするとなんと、ビビビックリ!なんとワインの味が変わったんです。

あまりの変化に「ワオ!!」驚きました。

 

楽しい、学びの多い会でした。

今回は、これで最終回ですが、また、開催されること祈っています。

 

 矢作先生の新刊です。

身軽に生きる | 矢作直樹 |本 | 通販 | Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お肉も野菜も取れる!お得なおにぎり

こんにちは、パーソナルシェフであり和食を子供たちにも伝えたいとろみです。

 

もうすぐ復職するお友達からのリクエストで、おにぎり一つでタンパク質と

野菜をとることができるレシピです。

 

 今が旬であるタケノコおにぎりの紹介です。

 

f:id:wakuwakuseikatsu:20170416211425j:plain

 

 

具は豚肉と、筍と、人参です。
具は3種類ですが、お肉も入っていて満足度は高めだと思います。

 

作り方

1.お米をといでざるに上げ、調味料(だし汁2カップ、みりん大さじ1、醤油大さじ1、塩少々)を加えてたく

 

2.ゆでたたけのこは(今回はスーパーでゆでたタケノコを買ってきました。もちろん国産です)薄切り、人参は、縦半分に切って薄切り(半月切り又は、その半分のイチョウ切り)右が半月切り、左がいちょう切りです。豚肉は粗みじん切りにする。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170416211211j:plain

 

3.フライパンにサラダ油を熱し1、豚肉を炒める。色が変わったらたけのこを加えてさっと炒める。

 

4.煮汁(だし汁大さじ2、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ2、砂糖少々)を加えほとんどなくなるまでに絡める。

 

5.1に4を加え、全体を混ぜる。

 

作ってみての感想は、半月切りでは、にんじんが少し大きいかな?という印象でした。しっかりニンジンを感じて食べた人は半月切りがオススメですが、お子さんなどいらっしゃる方はいちょう切りの方がお勧めです。

 

今回は、大根と油揚げの味噌汁を添えていただきました。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170416213456j:plain

 

たけのこ

 

 

春になるとたけのこがお店に出回り、春を感じさせる季節感のある食べ物ですね。

実はたけのこは成長が早くまっすぐに伸びることから縁起の良い食べ物の1つと言われています。

我が家の娘たちも、たけのこのようなまっすぐな心で育ってくれると嬉しいです(^◇^;)

 

筍と漢字のごとく目が出てから10日間のうちが柔らかい状態で生でも食べることができます。

 

栄養は、

セルロースと言う食物繊維を多く含んでいて、便秘の改善やコレステロールの体内への吸収を抑える働きがあり、体内の有害物質や冬の間に体内に溜まった老廃物を体外に排出する働きもあります。

 

昔の話になりますが、私の祖父の家は裏山に、たけのこの山を持っており、毎年、春になると美味しい筍の煮物を祖母が作ってくれて食べていました。

採れたてのたけのこは、ほんとおいしいですよね。

何だか懐かしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

月曜日からの家事を楽にする!作り置きで楽々!30分クッキングpart 11

パーソナルシェフであり、和食を子供達にも伝えたい、とろみです。

 

最近暖かくなりましたね。

入学式があったり、新学期や始まったりで忙しい方も多いことと思います。

でも、こんな時でも食事はきちんと取りたいですよね。

 

 

今日作るのは、この4品です

f:id:wakuwakuseikatsu:20170413214553j:plain

 

 

A.ブロッコリーの蒸しゆで

B.ほうれん草の茹で野菜

C.白滝とえのき岳のきんぴら

D.手羽元のオーブン焼き

 

材料です

・白滝1/2袋

・えのきだけ1袋

ブロッコリー1房

・ほうれん草1房

手羽元15本

 

手順

 ①ほうれん草とブロッコリーを茹でるためのお湯を沸かす(B)

②しらたきは4センチ長さに切り、下茹でしてあくを抜く

えのきだけは根本を落とし長さを半分に切って細かくほぐす(C)

③ ②の白滝とエノキダケを入れて炒め、酒小さじ2、醤油小さじ2、みりん小さじ1、

で味付けして汁をとばす(C)

f:id:wakuwakuseikatsu:20170413222516j:plain

 

④沸騰したお湯にブロッコリーを入れる。

大体ブロッコリーを入れるのはちょっと固めで1分半位がベストだと思います。

ポイントはブロッコリーを入れた後は水にさらさないと言うことです。

せっかくの栄養を、水に流すのはもったいないですよね(A)

ブロッコリーを茹でたお湯で、ほうれん草を茹でます。

ほうれん草の茹で方のポイントは、初めにほうれん草の茎の部分だけを15秒ほど茹でてその後葉っぱをお湯に沈めます。

 10秒ほどめやすに茹でます。

それからすぐに冷水にほうれん草をとってさまします。(B)

 ⑥手羽先をポリ袋に入れて醤油大さじ2、酒大さじ2、蜂蜜大さじ1、すりおろし生姜ひとかけ分、ニンニクひとかけ(つぶす)を入れて冷蔵庫で最低20分できれば

1晩おきます(D)

 

次の日手羽元のオーブン焼きは、220度にオーブンを予熱します

その間に手羽元を冷蔵庫から出し、常温に戻し、クッキングシートを引いた天板に並べ 20分〜25分間焼きます。

 

すごく手軽で美味しくできるので、やってみてください。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170413214755j:plain

 

白滝とえのき滝のきんぴらを変身させます。

これにきゅうり2分の1本加えます。

きゅうりは斜めに切ったものを細切りにして塩を振りしんなりしたら軽く水気を切ります。

ボールにマヨネーズカップ3分の1ほどを加え、すりごまと一緒に合わせます。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170413215407j:plain

もし両方の味を楽しみたい人は白滝とえのき岳のきんぴらを作るときに倍の量を作ると良さそうですね。

 

今回の感想

手羽元のオーブン焼きが、皮がパリッとしていて美味しかったです。

漬け込んで焼くだけ!

手軽にできるので忙しいママにも、おススメです。

 

忙しい方へ、おまけです。

オススメ味噌玉です。

パーソナルシェフのレシピの中に、だし汁なしの味噌汁というのがあります。

 

       f:id:wakuwakuseikatsu:20170413214020j:plain

作り方は簡単です。

切り干し大根3グラム

乾燥わかめ1グラム

味噌小さじ1

 

これを味噌玉として、冷蔵庫にラップで包んでいると、インスタント味噌汁として朝の忙しい時でも大丈夫です。

自分で作るインスタント味噌汁の出来上がりです。

      f:id:wakuwakuseikatsu:20170413214432j:plain

コンビニより、よっぽどおいしくて買い物に行く手間も省け、手軽だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初シェフにドキドキです

こんにちは、パーソナルシェフであり和食を子供たちにも伝えたい、とろみです。

 

私、デビューが決まりました。

今週末の土曜日15日にパーソナルシェフとしてランチを皆さんに振る舞うことが決まりました。

 

実は、ランチとしてのシェフ初めてなんです

今から、ドキドキしています。

まだまだシェフとしては、半人前ですが、

皆さんに食べてもらいたい気持ちは10人前です!

 

初めてのシェフって1回きりなんですよね。

新人賞も新人の時しか取れないのと同じですね。

 

誰にでもある初めてなんですけど初めてがないと2回目も 3回目もない、やはり、初めては特別なんですよね。

 

料理も魅力的です。ハレルヤの料理何がいいかと言うと、味はもちろんのこと、素材、調味料にもこだわっています。

先週、ハレルヤの監修をされているマドンナの元シェフのである西邨マユミさんが Liveキッチンで、いらっしゃいました。そのとき作られた料理も登場します。

もちろん味はお墨付き!

もしかしたら、同じものをマドンナも食べたかも知れませんね。

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物、室内

 

今が、旬のタケノコです。

なかなか家庭で茹でて調理するのって大変ですよね。

シェフが作ってくれて、季節を味わえるのは日本人として幸せですね。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

 

先日、私が講演会に行ったとお話しをした、辰巳佳子さんは、

「生きて生きやすく食べる」と話されていました。

生きて生きやすくと言う意味は、もちろんこれからの自分の5年後10年後を考えた上での健康はもちろんのこと自分が生きやすいとは、どのような食事をとるべきなのか?と考えたときに、 1回1回の食事をどのように食べたらいいのか?

どのような食べ物をとったらいいのか?

考えると、もちろん体が求めてるものを取った方がいいですよね。

 

体が求めている料理とは、素材を生かした料理だと思っています。

食事と言うのは、食材のいのちをいただくことであるので、その命を大事に扱うことが出来て、料理としていただくことで、私たちの体の中に入って元気になると思っています。

それと同じで、冷凍食品やコンビニの食品にはいのちが宿っていないんです。

だからいのちのある新鮮な食材から、料理を作ることが大事なんですね。

 

ハレルヤのランチ、いつも作っている家庭料理とはちょっと一味違います。

手間ひまかけて作るので、家ではなかなか作ることができません。

もちろん、手間ひまかけている分、大量生産はできません。

数に限りがあります。

お早めに申し込みいただくことをお勧めします。

 

私はシェフとして、キッチンにいるので私と、お話しをすることもできます。

ぜひ初めてのシェフ覗きに来てみませんか?

予約はこちらからどうぞ

}]","has_source":true}&source=108&action_history=[{"surface":"post_page","mechanism":"surface","extra_data":}]&has_source=1">ハレルヤオープンカフェ【ハレカフェ】Spring!

 

こちらは、オーナーである松本さんです。


 

 

 

 

 

 

 

 

辰巳芳子さんの講演会、行ってきました。

    

  4月4日辰巳芳子さんの講演会がありました。 

ご一緒したのは、くるみ亭のくるみさんと、まーしゃさんです。

http://l.facebook.com/l.php?u=http://f8r.jp/&h=ATMqNM65_u2NQAMfYbdgUwCvpl48d3-i-0W5CsLPN0E6JYs4UvrZZrD6aUuWOFYcEryUXExCmdfcM6hzaNUNzrWTbDmfq7nQGIk3WHBTUQqRhZg7qkeo9t9WtG9IrFacr68Vp1-4RP0RlUQpJooF61vkFgj9hKw7fkE

 

 「何の話しますかね?私、考えてきていないんですけど…」

から始まった講演会、はじめは寝ないように気をつけようと思って聞いていました。

入場も杖をついて、ゆっくりお付きの方と一緒に入場されました。

 

時間はお昼の1時、お昼ご飯を食べてお腹いっぱいだったので、

瞼が半分閉じていました。

   

次の瞬間、目が覚めました!

「生きて、生きやすく食べる」

なに⁉︎どういうこと?

自分が生きやすくなるように、食べるんだそうです。

生きやすくなるとは、病気の方は病気が治るように、

健康な人は、ずっと健康がいいですよね。

健康が続くにはどのような食事がいいのか考えて食べるということなのかな?と思いました。

 

辰巳さんいわく

「人はなぜ食べる?」

この根本まで考える。

「食べることは呼吸と同じく、いのちの仕組みである」

 

このような考えのもと、辰巳さんの作るスープは、究極のスープと呼ばれています。

食べることを、とことんつきつめたものです。

この命のスープは、季節の野菜を使い野菜の旨味を引き出すように弱火でじっくり火を通しています。もちろんだしにもこだわっています。

どんなスープなのか、益々、興味がわいてきました。

 

 

次は、 「天のしずく」の映画監督・脚本 河邑厚徳日本赤十字看護大学名誉教授、川嶋みどりさん、緩和ケアー医の田村祐樹先生、辰巳芳子さんの4人のトークが始まりました。田村先生の話です。

 

 

とっても素敵な話でした。

緩和ケアなので明日、命がなくなることも考えられる中、田村先生は氷やゼリーもいいけれどそれよりも何か緩和の人々に食べさせるものは?と考えていたときに、辰巳さんのスープに出会ったと言われていました。

このスープだ!と思った時に田村先生のとった行動が素晴らしかったと思いました。

田村先生は辰巳さんの講演会に行き辰巳さんと直接お話をされ、それから手紙を送られて、どうしても辰巳さんのスープを作りたい教えてください。と辰巳さんに直談判されます。

その思いが辰巳さんの心を動かし、出張して病院のほうに足を運んでもらうことができて出張料理でスープを教えてもらうことができます。

それから緩和ケアの人々に食べてもらうことができ患者さんにも満足していただくことができたと話されていました。

緩和ケアの患者さん、普段食欲がなくて食べられない方もたくさんいらっしゃいます。

もしかしたら、希望をなくされていた方もいたかもしれません。

しかし、このような方々にも辰巳さんのスープだけは、食べることができて幸せになって、そしてお亡くなりになられたという素晴らしい話をしていただきました。

 

やはりこの命のスープただ作っただけではなく作る野菜の触り方にまで、こだわりがあります。

辰巳さんは野菜が求められているような触り方をすると言う話をされていました。

ただ単に、ゴシゴシ洗うのではなくこの野菜はどのように扱って欲しいのかを考えて野菜を扱うと言う事なんですね。

 

命のスープである。玄米スープの作り方です。

玄米スープ レシピ 辰巳 芳子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

作り方がわかったら作りたくなります。

近いうちに挑戦したいと思います。

 

もちろん、玄米にもこだわりがあります。

もちろんお米は、有機無農薬のお米を使うと言われていました。私はマドンナのパーソナルシェフである西邨マユミさんから教えてもらった九州の玄米を使っています。

https://www.facebook.com/yahmanrice/

https://s3-us-west-1.amazonaws.com/img.katsumaweb.net/photo/8c75f1c5-f672-4238-8cf9-58286f9d1ab6.jpg

 

 

発酵調味料の話もされていました。発酵調味料があることによって西洋料理と日本料理が何が違う?と質問されていました。会場の方にもお聞きになったんですけれど辰巳さんの答えはなんとシンプルでした。

油を使わなくて済むということでした。

油は、老化や病気の主要な要因である体内の炎症が起こる可能性があります。

自宅ではできるだけオリーブオイルかゴマ油を中心に料理するようにするのがよいようです。

 

      

 

毎日、お腹が空いたから食べるかという感じで食べている食事なんですけれど、

呼吸と一緒でこれがないと私たちは生命を維持することができません。

辰巳さんは自分の生命の声を聞き生命そのものと向き合うと言う話をされていました。

 

ついつい私たちは3回食事をしなくてはダメだと思って食べたくもないのに食べたりすることってありますよね。

体調良い時もあれば悪い時もある。

自分の体と向き合いながら必要な食事を取りたいと思いました。

 

辰巳さんは92歳でも勉強熱心な態度には頭が下がりました。

どうやってこのようなレシピを思いつかれるのですか?という質問に食物の専門家の本を読まれて、しっかり勉強されているそうです。

しかもその辺の本ではなくてちゃんと学問としての専門書を読まれているそうです。

以前はキノコを勉強されてたそうです。

今は貝に注目して勉強をされているそうです。

 

最後に「作り方を手に入れなければ生活は変わらない」

当たり前なんですが納得しました。

作り方がわからなければ食べたくても食べることができない!

私も辰巳さんを見習って少しずつ勉強をしたいです。

まずは、豆からはじめようかな・・・

 

 

 

 

 

はとバスで見つけた、おにぎりに合う塩

 

スカイツリーに行ってきました。

      

 

 

春休みということもあってけっこうな人混みでした。

私は個人で行くとチケットを取るのが大変だと思い、今回ははとバスを利用してみました。

 

はとバスは、年寄りばかりと思っていましたが意外にファミリーなどの若い方も多く満席でした。

今年は桜の開花も遅いみたいで、景色などもあまりよくないので楽しさ半減かな?と思ったんですがスカイツリーに浅草コース景色はともあれ、なかなか充実していて満足でした。

私が利用したコースはこちらです。

 

www.hatobus.co.jp

スカイツリー混雑していましたが、はとバスなのでチケットに並ぶこともなく、

すぐに入ることができたのは、とっても良かったです。

入る前に、手荷物検査があることにも驚いてしまいました。

今から飛行機に乗る?と少し思ってしまいました(笑)

 

スカイツリーの中は自由行動でした。

突然、おいしいおにぎりが食べたいなと思い、おにぎりと言えば塩かなと思ってキョロキョロしていると スカイツリーの中で「塩」の専門店がありました。

 f:id:wakuwakuseikatsu:20170331095641j:plain

私が購入した塩の紹介をしたいと思います。

 f:id:wakuwakuseikatsu:20170331095858j:plain

右を見ても左を見てもお塩ばかり、たくさんのお塩が並んでいました。

用途によって使い方も様々でした。

天ぷら用もありサラダに入れる専用の塩などいろんなマニアックなものもたくさん並んでいました。

その中でも私が1番目を引いたのが入り口にあったおにぎり用の塩でした。

おにぎり用の塩って見たことありますか? 

f:id:wakuwakuseikatsu:20170331100109j:plain

私は初めて見たのでついお店の人に聞いてしまいました。

するとお店の人の名札を見ているとソルトソムリエと書いてありました。

 

ソルトソムリエって何?初めて聞いたと思ってちょっと調べてみました。

 

日本ソムリエ協会によると塩に関する勉強は

①塩の歴史②塩選びのポイント③塩の製法と種類④暮らしと塩⑤美容と健康と塩⑥試験論文提出だそうです。

 

もし塩ソムリエの検定の資格が取れると

・協会認定の使用ソムリエの肩書きで活動

・ソルトバンク事業に登録、塩ソムリエの店を開設

・日本健康長寿応用医学会並びに提携学会主催セミナー、イベントへの参加特典

・WEBショップでの購入割引

                                       などがあるようです。

 

ソルトソムリエさんに聞いてみると、この塩は3つのものをブレンドして作った塩なのだそうです。

見かけはさらさらでした触ってみると確かにさらっとしていてなめてみると普通の塩より塩ですと言う主張がそんなに強くなく、ちょっといつもの塩よりマイルドな感じがしました。

 

 このおにぎり専用の中で1番元になっているのはこの雪塩と言う塩だそうです。

この雪塩、パウダーのようにサラサラです。

触ると気持ちいい!

f:id:wakuwakuseikatsu:20170331100324j:plain

 

最後に私が購入したのは粋な旨だし塩と言う塩です。

これは普通の仕様に焼き味やカツオ黒ゴマが入ったちょっとしただし塩です。

これを使うとおにぎりが美味しいです。

f:id:wakuwakuseikatsu:20170331100451j:plain

 また、おいしい塩見つけたら紹介しますね!