読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。パーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

ツキの最強法則

              

私つきまくっています。
なんせ、ツキのカリスマである西田文郎さんの本を読んだからです。

題名がすごいです。ツキの最強法則、どんな法則があるのか気になりますよね。
西田さんの塾生には、リッツ・カールトン・ホテルの高野登さんなど優秀な経営者がたくさんいらしゃいます。
西田さんが開催している「アホ会」ライザップの社長がいらっしゃるんですが、ライザップには、社員教育にもかかわっているそうです。
ライザップでは、お客様の名前を全部覚えてなど社員教育すごいですよね。

「人生、成功するには「ツキ」と「運」が必要である。そしてその「ツキ」と「運」は、誰でも簡単に手に入る」

自分はツイている!と思えばツキはやってくる!

私の気になったところをいくつか紹介させていただきます。
ツイている人になるための4つの原則
①徹底したプラス思考
②強い熱意がある
③大きな夢がある
(普通の人には考えられないような夢です。例えば、宇宙初のショップを開くなど)
④ツイている人に囲まれている
(塾長がツイているので勝間塾にいれば大丈夫ですね)

プラス思考、マイナス思考で人間の行動も変わる
「ダメかもしれない」と思って行動にうつせば、必ず失敗するが、「自分は成功する」と思って行動すれば何でもできてしまう。
確かにそうですよね。その行動に対する熱量が全然違いますよね。

言葉は大事です。
昔から、言葉を言霊と呼び言葉には魂があると信じられていました。
水の話は有名ですよね。毎日、優しい言葉をかけられれば、きれいな結晶ができて、汚い言葉をかけられれば、変な結晶ができる。
内心はどうあれ、「できる」「ツイている」といえば、自然とそうなる。
言葉は思っている以上に魔力あります。

スランプの時は?
何も考えない
私は、あの時、あ~すればよかった。こ~すればよかった。のウジウジタイプなので、この本で目覚めました。

六方思考、文字通り六つの考え方です。したがって、夢や目標によって必要な要素は異なります。
例えば、いい人間関係を築きたいなら自分に関わりのある6人との関係を見直す。
お金を儲けたいなら、お金を儲けて誰を喜ばせたいのかを考える。自分を支えてくれた人にどう感謝するのかなどを具体的にイメージする。
六方思考を身に着けると自分が生かされていることに気づかせてくれるようになるそうです。
この六方思考の基本となる思考はお釈迦様の六方拝だそうです。
東西南北天地の六方全部に感謝しなさいというものです。

「東に向かい、自分を生んでくれた両親、祖父母先祖に感謝しなさい」
「西に向かい、家族に感謝しなさい」
「南に向かい、お世話になった師に感謝しなさい」
「北に向かい、友人や知人に感謝しなさい」
そして
「命を守ってくれる天と、命を育んでくれる地に感謝しなさい」
すべてに、感謝ですね。

この本は、ツキや運をよくしたい~運ほしい~と自分しか考えていないワガママな私に自分だけではなく
周りに感謝して周りも幸せになって自分にもツキがやってきて幸せになるんだよと教えてもらった本でした。
勝間さんは、いつも自分だけがいいのではなく周りも幸せにと思っているからますますツイているし、今後もパワーアップされるんだろうなと
思いました。