読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。パーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

月曜日からの家事を楽にする!作り置きで楽々!30分クッキングPART10

桜の季節となってきましたね。

   f:id:wakuwakuseikatsu:20170326122132j:plain

写真は、昨年の目黒川の桜です。

はとバスツアーで行ったのですが、駐車場の心配もなく、迷子になることもなかったのでとってもいいツアーでした。

 

皆さんは風邪などひいてないですか?

私はここに 2、3日急に寒いせいか風邪をひいてしまいました。

2017年の桜は関東より西で平年より納めで関東、東北、北海道で大体平年並みみたいですね関東の桜の開花前線は3月21日でした。

でも我が家の近くの桜を見てみるとまだちょっと開花してると言う感じはあまりないないようです。

満開予想日は東京で3月31日です。

もう少ししたらきれいな桜が見られると思うと楽しみです♪

 

アサヒビールの調査によると、お花見に欠かせない飲み物は?の答えでによると

1位、ビール

2位、お茶コーヒー

3位、発泡酒その他

まだまだ夜桜は寒いので温かいお茶コーヒーも人気があるみたいですね。

 

一方お花見に欠かせない食べ物は?の回答は

1位、おにぎり

2位、手作りのお花見弁当

3位、お花見弁当(デパ地下など) 

 

 1位から3位まで、見てみると特別なものではなく、おにぎりやお弁当が人気みたいですね。

 

我が家の昨年のお花見を思い出すと、飲み物は大人はビール子供はジュースでした。

食べ物は手作りお弁当でした。

夜は寒くて外出したくないので昼間暖かい時にお花見をしました。

 

お弁当にも使える作り置き弁当、今週も作ってみました。

   f:id:wakuwakuseikatsu:20170326121729j:plain

 

材料

 小松菜1袋

油揚げ2枚

にんじん3分の1本

切り干し大根1袋(30グラム

鶏胸肉2枚

きゅうり 1本

わかめ、ひとつかみ程度

さきいかの燻製、ひとつかみ程度

 

A.きゅうりとわかめの酢の物

B.切り干し大根のはりはりゴマ酢サラダ

C.小松菜の煮浸し

D.鶏胸肉の漬け込み焼き

 

手順

①切り干し大根を水に水で戻す(20分)

時間がないときはお湯で戻すと5分から10分で戻すことができます(B)

②小松菜は5センチ幅位に切る油揚げは細切りにする(C)

③フライパンにだし汁150ミリリットルと酒、みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ半分を入れ煮立たせる。

小松菜油揚げを入れフタをして煮汁が少なくなるまで煮る(C)完成!

④にんじんは細切りにして電子レンジで2分加熱する(B)

⑤きゅうりはスライサーなどでスライスしておく。それに塩3つまみぐらい降ってしんなりさせておく(A)

⑥ボールに、白ゴマ各大さじ2、味噌、砂糖各大さじ1醤油、ごま油小さじ1を加えて切り干し大根と人参を入れて混ぜます(B)完成!

   f:id:wakuwakuseikatsu:20170326121413j:plain

 

⑦鶏胸肉をニンニクふたかけ、しょうが人掛け、酒大さじ2、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ6で漬け込むだけです。(D)完成!

   f:id:wakuwakuseikatsu:20170326123554j:plain

 

⑧きゅうりを軽く水で絞り乾燥わかめ一掴みとイカの燻製ひとつかみを合わせておくだけです。完成!

   f:id:wakuwakuseikatsu:20170326121847j:plain

乾燥わかめは戻さずにきゅうりが水分で戻るかな?とちょっとやってみたところ次の日には戻っていて美味しかったです。

 

Dの漬け込み焼き、冷めてもおいしいです。

お花見弁当にも最適です!ぜひ作ってみてください。