パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。パーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

幼児の食事

こんにちは(^_^)

笑顔で幸せの輪を広げたいパーソナルシェフとろみです!

 

私は、今、保育園で栄養士として働いています。毎日、小さな子供たちと触れ合っていると、成長が早いことにビックリします。

なんと幼児期とよばれる2〜5歳の間で体重は約2倍、身長は約1.5倍になるといわれています。

 

身長、体重が増えているということは、もちろん食べているからですね。

この時期の子供、もちろん個人差は、あるのですが、よく食べます。よく動きます。

そのような時期なので、食事に気をつけてあげたいですね。

 

離乳食が終わると、幼児食と言われる大人と、ほぼ同じ食事になります。

離乳食よりは、少し噛みごたえがあるものにしていきます。

 

幼児食の目安の量です(1歳〜2歳ぐらいの一日分)

ご飯240グラム(うどんの場合は、1玉半)

卵半分

肉類20グラム

魚類30グラム

大豆35グラム

 

目安なので、日によって食べる量が違ったり、成長によって食べる量が違ったりすると思います。お子さんをみながら、調整してあげて下さい^ ^

 

保育園で給食を作るときに気をつけていることは?

・もちろん、栄養たっぷりです。野菜、多めの食事を作っています。

今の時期、ごぼう、レンコンなどの食物繊維の多い食事も入れています。

・味は、大人より、やや薄めです。

・スプーンにのるぐらいの大きさに切っています。

・火は、しっかり通します。

 

あとは、楽しいく食事できるといいですね。

お子さんが、こぼしても笑顔で、楽しくお子さんと食べることができると、子供にとって食事は楽しいものになりますよね。

もちろん一緒に食べている大人も幸せな気分になりますね。

笑顔は、先に作ったほうが絶対にいいです。

楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔だから楽しくなる!

 

実は、我が家の下の娘は、野菜が苦手だったのです。

そこで、上の子供と考えた作戦がホメホメ作戦!とにかく野菜を食べたら、褒める褒める^ ^近所の方は、あの家、毎日パーティ?誕生日?と思ったのではないかなぁと思うぐらい大きな声で、ヤッタ!凄い!おめでとう!の言葉で大騒ぎでした。

このホメホメ作戦が、上手くいったのか?は、わかりませんが、今では野菜が大好きになり、好き嫌いがほぼなくなりました。

今では、学年で1番大きくなりました^ ^

 

でも、なぜか、エビだけは、とっても苦手なようです。

小学校の給食で、

「エビアレルギーって書いてよ。お願い!」

と言われた経験もあるぐらいです(^_^;)