パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。パーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

「プロ経営者」の条件

こんにちは^ ^

笑顔と料理で幸せの輪を広げたい、パーソナルシェフとろみです。

 

最近、暑いので家にこもって本をよく、読んでいます。

 

今日読んだ本は、「プロ経営者」の条件

グッドウィル・グループ会長日本経団連折口雅博さんが書いた本です。

f:id:wakuwakuseikatsu:20180717231631j:image

 

この本は、ニコニコ動画で、メンタリストDAIGOさんがリブセンス村上太一社長と対談している動画を見たときに紹介されていたので興味をもち読んでみることにしました。

村上社長ほとんど本を読まないと話されていました。たくさん本を読んでいるに違いない‼️と思っていた私の予想とは違いましたが読まない人が読んでよかったと思う本は、どんな本?とますます興味がわき、即メルカリで購入しました。

 

グッドウィルグループの仕事をするにあたっての理念だそうです。

「グットウィルグループ十訓」

1、お客様の立場に立って、究極の満足を与えよ

1、夢と志を持ち、常にチャレンジせよ

1、困難の先に栄光がある、逆境を乗り越えよ

1、物事の本質を見抜け、雑音に動じるな

1、原因があるから結果がある、構成に判断せよ

1、積極果敢に攻めよ、守りは負けの始まりになり

1、スピードは力なり、変化をチャンスと思え

1、自信を持て、謙虚さと思いやりを持て

1、笑顔と共に明るくあれ

1、正しくないことをするな、常に正しい方を選べ

 

ここまで、はっきりした理念があれば従業員の方も迷わずに業務できますね。しかも、社長は自分の経営判断においても、この十訓が重要な指針になるそうです。

・笑顔と共に明るくあれ!

これなら、今直ぐにでもできますね。

今日から心がけていきたいです。

 

今は、コムスンと言えば有名な企業ですが、事業スタート時は、厳しい批判もたくさんあったようです。

しかし、社長は、どんなことがあっても、動じなかったそうです。

なぜなら

「正しいことをしているという確信を持っていたから」

私は、人に批判されると落ち込むタイプなんです。

やはり成功者は、軸をしっかり持っているんですね。

 

最後に、何のために生まれてきたのか、何をなすべきか。私は、夢と志をもって仕事に取り組むためには、ビジネスの本質をきちんととらえる人間となるためには…と書いてあります。

 

成功されている方は、皆さん自分のビジョンをはっきりと持っている方が多いように感じています。

ちょっと、立ち止まって考える時間をもってみたいと思います。