パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。パーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

ちきりん本「未来の働き方を考えよう」

こんにちは^ ^

笑顔で幸せの輪を広げたいパーソナルシェフとろみです。

 

今、Kindleでお買い得なちきりん本の中でも、「未来の働き方を考えよう」

読みました。

 

なんとサブタイトルが、人生は二回生きられる!

何々?どういうこと?

グリコは、一粒食べれば二度美味しいだけど、人生も?一度、産まれれば二度、生きられる⁇

興味津々に読ませてもらいました^ ^

 

「みんな何歳まで働くんだろう?」

 

ちきりんの疑問です。

 

私は、長い間の専業主婦で、そろそろ子供も大きくなったし自由な時間が増えたのに、やっていることは、毎日同じで、つまらないと思い始めていました。

パートも始めたとは言っても

子供や旦那に

「あれ、買ってきて、え〜まだ?いつ買ってくるの?」

「クリーニングよろしく」

など、家族に使われてばっかりな毎日(-。-;

なんだか、つまらない。

 

しかも、これから子供にもお金がかかるし…不安もいっぱいです。

 

ところが、ちきりんは、将来の備えのために費やすのではなく、不安な未来をワクワクできる未来に変えていくには、どうしたらいいのか考えようと書いています。

 

個人の意思で選ぶことのできる未来

聞くだけでワクワクしてきます。

 

これからの時代、働き方も変わる!

年金の支給額が変更になることもあり、今までは、60歳定年だったのに、今では、65歳定年の会社が増えていますね。

70歳定年の会社もありますよね。

昔は、「手に職をつければ安心」という時代でしたが、今は今ある仕事のほとんどは、なくなる可能性も高いと言われています。

では、どうすると、いいのだろう?

 

ちきりんは、

「40代で働き方を選びなおす」

と言っています。

選択肢として

・自分でリスクを取り、多大なエネルギーをかけて、勝ち組を目指して戦う道

・思い切って世の中のあるべき論からきっぱりと降りる道

・何も変えないと言う静観の道

 

このような考え方もありますが、40代で2回目の就活だと考える。とも言っています。

就活すると、昔は、定年まで同じ職場であるという人がほとんどでした。

私の父親も60歳の定年まで同じ会社で働いていました。

でも、40代前半までは、金融で働いていたのに、40代後半には料理人になる。

という働き方も可能ですね。

自分がやりたかったワクワクすると思える職業につくのもありですね。

 

今までの「こうあるべきである!」という枠から、飛び出せたと思えるような本でした。

私自身、まだ、これからの職業は、〇〇です。と自信を持って言えているわけではありませんが、べき論からは外れ自分の頭で考える、いいきっかけをもらった本でした。