読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルシェフとろみの日記

パーソナルシェフとろみの日記です。体に優しいパーソナルシェフのレシピと、日々の育児やブックレビューについて綴っていきます。

一万円起業

            

 

今日は、ブックレビュー1万円起業です。
ブックレビューを書いて、自分でとってもよっかたぁと、思うところは、
本をよく読むところです。
ブックレビューをやめてから、一冊も読んでいない自分がいてビックリです。
私は、のんびり屋さんなので、少し自分を追い込むほうがいいのかも?です。

著者は、クリス・ギレボー監訳は本田直之さんです。
本田さんは、レバレッジシリーズでお馴染みですね。
少ない労力で多くの成果を上げる。私の理想とするところです。

貯金はいらない。
会社も辞めなくてもいい
主婦でもできる。むしろ向いている
年齢も問わない
つまりは、誰でもできるということですね。

ビジネスを成功させるための条件
①アイデアの見つけ方
②それをどう商品化するか
③人の心をつかむ売り込みのコツ
④うまくいき始めたとき、次に何をすればいいか

必要なものを、あなたはすべて持っている
目指すのは、他人が喜んでお金を払いたくなる価値あるものをつくりあげること。

①については、まず自分を再発見するところから始まる
自分がやってきたことは、別の使い道もあるということ
・好きなこと、得意なことであるが、他人が喜んでお金を払うほど強いものでなければ、ならない。
・買い物で感じた不便を自分でつくる。他人もそれを欲しがる
・新しい技術が生み出す意外な需要(スマートフォンが増えると同時に、品質のいい
日記帳や紙のノートの売り上げも拡大)つまり、すべてをハイテク化したいと思わない消費者の存在がある
・ニーズの見つけ方として、私たちは、お金、愛、自由、時間を増やしたいと思い
ストレス、争い、葛藤、不安を減らしたいと考えるので、そこで「人を助ける」ことを考え、何を与え、何を取り除けるかを常に考える。

②自分のアイデアに市場性があるのか確実にはわからないので、とにかく早くスタートさせることが大事で最初から大金をつぎ込むのは、避ける
ビジネスプランはA4用紙一枚に
概要 何を売るのか?誰が買うのか?このビジネスは誰を助けるのか?
お金 いくら請求?
   どうやって支払いを受ける?
   ほかに稼ぐ方法は?
売り込み 顧客はどうやってこの製品を知る?
     どうすれば口コミで広めてもらえる?
成功の基準 顧客数○○ または、純収入○○
障害と問題 このプランの具体的な懸念は?
期日 このプロジェクトを○○までに立ち上げる

最後に140字ぐらいでミッション宣言

③断れないオファーをつくろう
基本 何を売るのか?
   いくらで売るのか?
   このオファーに対してすぐに行動するのは誰か?
顧客のベネフィット プライマリー・ベネフィット(決定的購買動機)は○○
          重要なセカンダリー・ベネフィット(副次的購買動機)○○
反対意見 このオファーに対する主な反対意見は?
     これらの反対意見にどう反論するか?
タイミング なぜこれを今買う必要があるのか?
      このオファーにもっと説得力を持たせるために何を付け加えるか?

④順調に進み始めたときこそ、やり方を見直そう
アクセス量を増やす→コンバージョン率を上げる→平均販売価格を上げる→お得意様への販売量を増やす


収益性をたちまち高める3つのルール
原則①コストではなく、ベネフィットに基づく価格
  ②何種類かの価格を提案しよう
  ③2回以上稼ぐ
・自分が今取り組んでるのは、ビジネスなので、お金が入る方法を常に考えること

1万円起業は新しい未来をつくり続ける
「毎日、一番いいことは、朝起きたときにもっとワクワクしながら眠りにつけることです。
自分が夢中になれて、私だけでなく他の大勢の情熱もかきたてる仕事をつくることに専念しているんです」

すばらしいですよね。この本を読んで起業が身近に感じられるようになりました。
何百万も持って構える必要もないみたいですね。